beacon

IPU・環太平洋大新入部員、米子北の高校選抜左SB海老沼、MF山内、MF川上、MF十亀ら好選手が加入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜の左SB海老沼慶士(米子北高)はIPU・環太平洋大へ進学する。

 21年度中国大学リーグ優勝のIPU・環太平洋大が、22年度の入部予定選手を発表した(協力=IPU・環太平洋大)。

 中四国や九州を中心に好選手たちが加入する。インターハイで12年ぶりの決勝進出、準優勝した米子北高(鳥取)のDF海老沼慶士は、インターハイ優秀選手、そして日本高校選抜に選出されている注目左SB。身長は170cmほどだが、空中戦に強く、抜群のスピードと左足クロスでチャンスを作り出す。選手権16強・佐賀東高(佐賀)の中軸を担ったMF山内創太は、技術力・判断力、そしてゲームメーク能力高いボランチだ。

 MF川上楓雅はインターハイ16強・徳島市立高(徳島)でキャプテン、攻守の要の役割を果たしたボランチ。MF十亀良幸今治東中等教育学校(愛媛)の10番を背負って選手権に出場したSHで、鋭いドリブル、ラストパス、シュートを武器とする。MF橋天飛磨はインターハイ16強・日章学園高(宮崎)の技巧派レフティー。キック精度は非常に高い。技巧派ボランチのMF築田匡は、初出場でインターハイ16強の飯塚高(福岡)で攻守のつなぎ役を担った。そして、大社高(島根)MF島貫心は2年連続で選手権に出場した左利きのチャンスメーカーだ。

 また、サイズ感に加えて運動能力も高いDF岡田力樹(倉敷高)、攻守に渡ってボールに絡むDF橋本光正(広島皆実高)、空中戦の強さが特長の玉野光南高(岡山)CB横山修也主将、夏冬熊本準Vの秀岳館高で主将を務めた”元気印”のFW古賀渓太郎、大分U-15で主将を務めて大分西高(大分)でも中軸を担ったMF溝口飛和も環太平洋大へ進学する。

 加えて、伝統校・東海大福岡高(福岡)のゴールを守ったGK赤松航季、インターハイ広島県予選準優勝校・崇徳高を好守で支えたGK羽山温音主将、大型ストライカーのFW入柿堅志(関西大北陽高)、そしてプリンスリーグ東海・藤枝明誠高(静岡)出身のMF角田京勇もリストに名を連ねている。

 JクラブユースからはプレミアリーグWEST優勝・サンフレッチェ広島ユース(広島)の大型DF北奥蓮、豊富な運動量でチームを活性化するMF田口涼太(サガン鳥栖U-18)、ファジアーノ岡山U-18(岡山)の守護神で、19年国体8強も経験しているGK西岡政智、いずれも先発としてプリンスリーグなどに出場、活躍しているDF後藤雄平(大分トリニータU-18)、DF谷聖己(徳島ヴォルティスユース)、MF工藤大雅(愛媛FC U-18)も環太平洋大で挑戦する。
 
以下、IPU・環太平洋大の入部予定選手(※追加発表選手を含む)
▼GK
西岡政智(ファジアーノ岡山U-18)
羽山温音(崇徳高)
赤松航季(東海大福岡高)

▼DF
海老沼慶士(米子北高)
横山修也(玉野光南高)
北奥蓮(サンフレッチェ広島ユース)
後藤雄平(大分トリニータU-18)
岡田力樹(倉敷高)
橋本光正(広島皆実高)
谷聖己(徳島ヴォルティスユース)

▼MF
築田匡(飯塚高)
山内創太(佐賀東高)
溝口飛和(大分西高)
田口涼太(サガン鳥栖U-18)
十亀良幸(今治東中等教育学校)
橋天飛磨(日章学園高)
角田京勇(藤枝明誠高)
工藤大雅(愛媛FC U-18)
川上楓雅(徳島市立高)
島貫心(大社高)

▼FW
古賀渓太郎(秀岳館高)
入柿堅志(関西大北陽高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。

「ゲキサカ」ショート動画

TOP