beacon

新設クラブ史に名を刻む第1号弾!! 大宮FW高橋美夕紀「絶対に自分が決めないといけないと思っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮アルディージャVENTUSのFW高橋美夕紀

[9.20 WEリーグ第2節 大宮V 1-1 新潟L NACK]

 ストライカーとしての使命を胸に、クラブの歴史に名を刻んだ。大宮アルディージャVENTUSのFW高橋美夕紀は0-1で迎えた後半5分、ゴール正面で獲得した直接FKのチャンスで右足を一閃。強烈なシュートは相手に当たっても勢いを失わず、ゴールマウスに吸い込まれた。

「ピッチが濡れていたので、滑らせた方が入るかなと思ったのと、枠に行けば誰かに当たってでも入ると思った。相手に当たったけど、結果的に入ってよかった」。

 このゴールは新設の大宮Vにとって、記念すべきリーグ戦初ゴールとなった。歴史に名を残した高橋は「FWとして絶対に自分が決めないといけないと思っていたので、誰よりもゴールの意識を持ってやっていた」とホッとした様子で話した。

 またこのゴールは、クラブに史上初の勝ち点をもたらす一発ともなった。それでも高橋は、ドローという結果には満足していない。

「流れの中で点を取れなかったので悔しい」と振り返った高橋は「勝ちを届けられず悔しい」と想いを吐露。「新しいチームということで、ホーム開幕戦は特別な試合だった。すごくたくさんのサポーターの方が来てくださって嬉しかった」と本拠地でのプレーには喜びを語りつつも、「勝ち点3を結果として出したかった。あと、また来たいと思ってもらえるプレーをしないといけないと痛感した」と悔やんだ。

 もっとも、選手たちが見せた勝利への姿勢がサポーターの心を動かしたのも間違いなかった。試合中、スタンドからの後押しは時間が経つごとに大きくなり、1-1でタイムアップを迎えた後も大きな拍手が鳴り止まなかった。

「後半に入って点を取ってから、勢いに乗る場面も多かった。最後までメンバーが入れ替わりながら、全員で戦いながら、最後の1秒まで誰も諦めていなかったので、そういう場面はすごくよかったと思うけど、もっと追加点を取れるチームにならないと勝てないので、FW中心にどんどんゴールを狙っていきたい」。

 そう前向きな言葉も口にした高橋だったが、「準備期間でやってきたことがまだ少ししか出せていないところもあるので、もっと勢いを持って、全員がゴールを狙いながら、もっと怖いチームになれれば」と“伸びシロ”も指摘。「全員で一体感を持って、1試合1試合積み重ねて全員で積み重ねていきたい」と先を見据えていた。

(取材・文 竹内達也)
●WEリーグ2021-22特集ページ

「ゲキサカ」ショート動画

TOP