beacon

今季は対策練られるペップマンC…デ・ブルイネ「僕らのスタンダードはレベルが高い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼップ・グアルディオラ監督の指示を受けるMFケビン・デ・ブライネ

 MFケビン・デ・ブライネは、マンチェスター・シティのスタイルが今シーズンに入って対策されてしまっていることを認めている。『スカイ』が伝えた。

 今シーズンに入ってからすでにシティは4敗を喫している。これは昨シーズンの同時期と比較して2倍にあたるが、順位はトップに君臨。シティはプレミアリーグだけでなく、FA杯やUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)、カラバオ杯も残している。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督のやり方が対策を練られる中、デ・ブルイネはシティが昨年の成績を上回れると説いた。

「プレミアリーグでは昨シーズンよりも試合に敗れているけれど、チーム一丸となって戦い続けている。他のチームの僕らに対する理解度が上がっているのだと思う。相手の選手層がよくなったというのもあるだろう。僕らには新しい選手が一人しか加わらなかった。他は去年からいる選手だ」

「ペップ監督のもと、僕らはいつも同じようにプレーしている。そのやり方を変えることはない。そして、みんながそのことを知っている。だけど最終的にはそれで大きく結果が変わることはないと思う。すでにリーグでも多くのポイントを稼いでいるし、僕らのスタンダードは依然としてレベルがとても高い」

 シティは21日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でシャルケ(ドイツ)と対戦する。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●プレミアリーグ2018-19特集
●ブンデスリーガ2018-19特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP