beacon

〝新生”マンU、カウンター2発に沈み開幕戦黒星…ブライトン三笘デビューは翌節以降に持ち越し

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドは黒星スタートに

[8.7 プレミアリーグ第1節 マンチェスター・U 1-2 ブライトン]

 プレミアリーグは7日、第1節を開催し、MF三笘薫が所属するブライトンマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込んだ。前半30分に先制したブライトンが同39分に加点すると、マンチェスター・Uの反撃を1点差に抑えて2-1の勝利を収めた。

 昨季は期限付き移籍したロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ(ベルギー)で公式戦29試合8得点4アシストを記録し、今季からブライトンでプレーする三笘はベンチスタートに。今季からエリック・テン・ハフ監督率いる〝新生”マンチェスター・Uは、今夏加入したMFクリスティアン・エリクセンやDFリサンドロ・マルティネスが先発起用され、退団の噂もあるFWクリスティアーノ・ロナウドはベンチスタートとなった。

 前半30分に試合を動かしたのは、アウェーのブライトンだった。ハーフウェーライン付近でボール奪取を成功させると、左サイドのFWレアンドロ・トロサールに展開。スルーパスからPA内左に侵入したFWダニー・ウェルベックが折り返すと、ファーサイドのMFパスカル・グロスが押し込んでスコアを1-0とした。

 さらに前半39分にはブライトンが再びカウンターから追加点を奪取。左サイドのグロスからMFアダム・ララーナを経由して、右サイドを駆け上がったMFソリー・マーチへとボールが通る。中央に切れ込んで放ったシュートはGKダビド・デ・ヘアに阻まれたものの、こぼれ球をグロスが蹴り込んでリードを2点差に広げた。

 2点のビハインドを背負ったまま後半を迎えたマンチェスター・Uは、後半8分にMFフレッジに代えてC・ロナウドをピッチへと送り込む。同15分にはマンチェスター・Uがゴールに迫るが、最終ライン裏を突いたC・ロナウドのグラウンダーのクロスからFWマーカス・ラッシュフォードが放ったシュートは、距離を詰めたGKロベルト・サンチェスに阻まれてしまった。

 しかし、後半23分、MFブルーノ・フェルナンデスが蹴り出したCKの流れから、MFアレクシス・マック・アリスターのオウンゴールでマンチェスター・Uが1点差に詰め寄る。その後、猛攻を仕掛けたマンチェスター・Uだったが、同点ゴールは生まれず。逃げ切ったブライトンが2-1の勝利を収めた。

 ベンチスタートとなった三笘に出番は訪れず。プレミアデビューは翌節以降に持ち越しとなった。

●プレミアリーグ2022-23特集

TOP