beacon

三笘はプレミアリーグ初先発で好アシスト、ブライトンがチェルシーを4発撃破…デ・ゼルビ監督体制で初白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF三笘薫がプレミアリーグ初先発

[10.29 プレミアリーグ第14節 ブライトン4-1チェルシー]

 プレミアリーグは29日に第14節を行った。MF三笘薫が所属するブライトンチェルシーに4-1で勝利。三笘は3試合ぶりの実戦で、プレミアリーグ初先発。前半5分には初アシストで先制点を演出し、後半28分で途中交代した。

 三笘がプレミアリーグで初先発となった。14日のブレントフォード戦で負傷後、2試合連続で欠場。今節に復帰を果たすと、さっそくスタメン起用となった。ブライトンは4-2-3-1の布陣を敷き、三笘は2列目の左サイドに配置された。

 前半5分、三笘のアシストから先制点を奪う。PA左に入り込むと、DFトレボ・チャロバーとDFチアゴ・シウバの隙間を縫うようにPA中央にパス。FWレアンドロ・トロサールが飛び出したGKケパ・アリサバラガをかわし、先制点を奪取した。

 勢いに乗るブライトンは前半14分、42分と追加点。積極的に敵陣内へとボールを送り込むと、それぞれがオウンゴールを誘発した。前半だけで3-0と大差をつけた。

 しかし、チェルシーは後半8分に1点を返す。MFコナー・ギャラガーのアーリークロスをFWカイ・ハバーツでヘディングシュート。反撃に成功し、1-3と点差を縮めた。三笘は同28分に途中交代。ピッチを後にする三笘に、ホームのスタジアムに駆けつけたサポーターからは大きな拍手が起きた。

 ブライトンは後半アディショナルタイムにDFパスカル・グロスがダメ押しの4点目を挙げ、そのまま4-1でタイムアップ。前指揮官のグレアム・ポッター監督体制となったチェルシーに初黒星をつけ、ロベルト・デ・ゼルビ監督体制で初白星を挙げた。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2022-23特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP