beacon

ノイアー離脱のバイエルン、ナバスをリストアップと報道も“あの問題”で実現不透明

このエントリーをはてなブックマークに追加

GKケイラー・ナバスはバイエルンの救世主となるか

 バイエルンはGKマヌエル・ノイアーの負傷離脱を受け、パリSGのGKケイラー・ナバスを獲得候補にリストアップしたようだ。ドイツ紙『キッカー』が報じている。

 ノイアーは今シーズン絶望の負傷と見込まれており、補強が急務となっている。現在モナコへレンタル中のGKアレクサンダー・ニューベルを呼び戻すことが最優先とされているが、出場機会を掴んだGKが応じるかは不透明のようだ。

 また、W杯で一躍注目の的となったクロアチア代表GKドミニク・リバコビッチの獲得も狙っているとされている。しかし、争奪戦は確実で、緊急事態のバイエルンがリスクを承知の上で一本化することはできないだろう。

 そこで名前が挙がったのがナバスのようだ。現在パリSGで出場機会を得られていない同選手だが、バイエルンの獲得候補として申し分のない実力を有している。ただ、同メディアは「UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦の対戦相手が救いの手を差し伸べてくれるのか」と指摘し、クラブ首脳陣にとっても答えの分からない問題だとしている。両クラブは指摘のように欧州CLでの対戦が決まっており、交渉成立の可能性は未知数だ。

●ブンデスリーガ2022-23特集
●フランス・リーグアン2022-23特集
●チャンピオンズリーグ(CL)22-23特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP