beacon

クロップ監督を送り出す“花道”…拍手をしなかった唯一の選手「2人の間に愛情はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季限りで退任するリバプールユルゲン・クロップ監督

 名将のラストマッチ。試合後にはクラブ関係者や選手による“花道”が作られ、長年チームに貢献した指揮官を拍手で送り出そうとした。1人の選手を除いては――。

 19日に開催されたプレミアリーグ第38節で、リバプールはウォルバーハンプトンをホームに迎えた。今季限りで退任するユルゲン・クロップ監督にとってのラストマッチ。試合は、MFアレクシス・マック・アリスターとDFジャレル・クアンサーがネットを揺らし、リバプールが2-0の完封勝利を収めた。

 クロップ監督との別れに、勝利で華を添えたチーム。試合後にはスタッフや選手が整列して“花道”を用意した。クロップ監督が歩き出すと、両脇に立つ笑顔の関係者から握手が贈られた。しかし、ウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスだけはノーリアクション。両手を前で組み、視線はやや下へと向けられている。

 そして、一度“花道”を抜けたクロップ監督は再度、入口へと向かって、再び“花道”を歩き出す。しかし、ヌニェスのノーリアクションは変わらなかった。

 英『デイリースター』では、ボディランゲージの専門家であるダレン・スタントン氏の見解を紹介。ヌニェスのリアクションは、クロップ監督との「決定的な問題」を浮き彫りにしているとし、「ヌニェスは間違いなく、クロップを祝福する瞬間から離れたがっている。2人の間に愛情はないように見えるし、クロップのために拍手をしない行動は、明らかに彼の内心に比例している」とコメントした。

 なお、ヌニェスには今季限りでの退団の可能性が報じられており、今月上旬には自身のインスタグラムからリバプール関連の写真が削除されていた。


●プレミアリーグ2023-24特集
▶【CL準決勝】決勝に駒を進めるクラブは!?いよいよベスト4の戦いが始まる...CL・EL見るならWOWOWで!
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP