beacon

U-19日本代表DFがバルセロナ退団へ…スペイン紙「最も辛い瞬間の1つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-19日本代表DFがバルセロナ退団へ

 バルセロナのフベニールA(U-19)に所属するDF高橋センダゴルタ仁胡(18)が今季限りで退団する見通しとなった。スペイン『スポルト』が報じている。

 日本人の母親とアルゼンチン人の父親を持ち、幼少期からスペインで育った高橋。2019年にバルセロナのアカデミーに加入し、昨年夏からフベニールAでプレーしていた。

 国際舞台では2021年にU-16スペイン代表に招集されたが、2022年に飛び級でU-19日本代表に選ばれると、昨年のU-20W杯でもU-20日本代表メンバーに飛び級選出。今月にはU-19日本代表としてフランス遠征に参加していた。

 同紙は今季限りでラ・マシア(バルセロナ育成組織)を去る選手たちを紹介し、高橋について「彼の成長にとって怪我が大きなブレーキとなった。育成年代の日本代表選手は、卓越したボールタッチを誇る左利きのサイドバックだ」と言及している。

 そして「フベニールAからバルサ・アトレティック(バルセロナB)への昇格は最もデリケートなものであり、毎シーズン、クラブが長年トレーニングで全力を尽くしてきた選手たちに別れを告げなければならない最も辛い瞬間の1つだ」と、厳しい世界であることを伝えた。

昨年のU-20W杯に出場したDF高橋センダゴルタ仁胡


●海外組ガイド
●ラ・リーガ2023-24特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP