beacon

[プリンスリーグ関西]優勝決めている履正社は最終節も3-0快勝。阪南大高とともにプレミア昇格目指す:第18節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 関西は4日、最終節を行った。

 13勝3分1敗ですでに優勝を決めている履正社高はMF竹腰智也、MF名願斗哉、FW廣野大河のゴールで東海大大阪仰星高(大阪)に3-0で快勝。履正社とともにプレミアリーグプレーオフ進出を決めている阪南大高(大阪)は、京都橘高(京都)の浦和内定FW木原励に先制点を決められるなど0-2で敗れた。

 3位・興國高(大阪)は川崎F内定FW永長鷹虎の決勝点で初芝橋本高(和歌山)に1-0で勝利。大阪桐蔭高(大阪)はFW中塚亮晴の先制点など金光大阪高を3-0で下し、大阪産大附高(大阪)もMF島田賢斗の2ゴールなど5-1で三田学園高(兵庫)に勝利している。

【第18節】
(12月4日)
[J-GREEN堺 S1]
阪南大高 0-2 京都橘高
[京]木原励(38分)、前山仁(86分)

[J-GREEN堺 S2]
金光大阪高 0-3 大阪桐蔭高
[大]中塚亮晴(37分)、高垣佑椰(55分)、朝山大輝(85分)

[J-GREEN堺 S3]
東海大大阪仰星高 0-3 履正社高
[履]竹腰智也(54分)、名願斗哉(70分)、廣野大河(90分)

[J-GREEN堺 S4]
初芝橋本高 0-1 興國高
[興]永長鷹虎(79分)

[J-GREEN堺 S5]
大阪産大附高 5-1 三田学園高
[大]清水亮太(5分)、島田賢斗2(8、54分)、増田哲平(79分)、鍋嶋泰志(84分)
[三]清井海尋(7分)

※日程はJFA参照

●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP