beacon

「まだチームを救えるような選手じゃない」。圧倒的な突破力示し、U-16全国得点王獲得の神村学園FW金城蓮は成長誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

神村学園高FW金城蓮央(1年=神村学園中出身)が5得点でMIZUNO CHAMPIONSHIP U-16の得点王を獲得

[12.19 MIZUNO CHAMPIONSHIP U-16決勝 神村学園高 0-4 帝京長岡高 時之栖うさぎ島G]

 神村学園高(鹿児島)FW金城蓮央(1年=神村学園中出身)がMIZUNO CHAMPIONSHIP U-16の大会得点王に輝いた。金城は予選リーグ突破をかけた京都橘高(京都)戦でハットトリックの活躍。東北学院高(宮城)との初戦、西武台高(埼玉)との準決勝では決勝点と3戦5発の活躍でチームを初の決勝へ導いた。

 神村学園中時代に全国中学校大会初優勝を経験し、今冬の全国高校選手権で早くも登録メンバー入りしている期待の1年生。MIZUNO CHAMPIONSHIP U-16出場プレーオフの大津高(熊本)戦でも大活躍するなど、その実力を大会関係者が注目していたが、金城は全国決勝でも抜群の突破力を披露した。

 押し込まれる展開の中でボールに触れる機会は少なかったものの、敵陣でボールが入ると一気にチャンスを作り出していた。巧みな身のこなしとテクニックで相手の逆を取ってDFを攻略。1対1はほぼ止まらず、前後半に2度ずつ決定的なシュートを打ち込んだ。

 だが、この日は相手GKの好守に阻まれるなどゴールをこじ開けることができず。DFに狙われてロストすることもあった。チームは終盤に突き放される形で敗戦。金城は得点王を獲得したが、「自分の力はまだまだだなと感じました。決定力不足だし、まだチームを救えるような選手じゃないと感じました。5点ってまだまだ。もっと決めれたシーンあったんで、もっと決めれるようにしていきたいです」と成長を誓った。

 柏野裕一コーチは「(現時点では)持っていくところまでは良いんですけれども、最後エネルギーが残っていないという感じですね。だけど、ちょっと楽しみなところは出てきたので」と今後へ期待。Aチームで主にSHを務める金城は「サイドで出ることが多いので、サイドを圧倒できるような選手になりたいです」。自分を磨き上げ、憧れのフランス代表FWキリアン・ムバッペのような突破力と決定力を兼備した選手を目指す。

 神村学園の1年生には、神村学園中でともに全国制覇を成し遂げたU-16日本代表FW名和田我空、U-16日本代表候補CB鈴木悠仁がいる。特に同じアタッカーの名和田は意識する選手だ。「ライバルでもあるし、一番信頼しているし、自分が目指しているところでもあるので、やっぱりまだまだそのレベルにはなっていないので、これから練習してそのレベルに到達できるようにしたい」。神村学園のトップチームにはFW福田師王(3年)やMF大迫塁(3年)、DF吉永夢希(2年)含めて代表経験者がズラリ。彼らから学びながら自分の基準を高め、圧倒的な武器を身に着ける。次は選手権。アピールを続けて出番を勝ち取り、結果を残して神村学園の日本一に貢献する

(取材・文 吉田太郎)

「ゲキサカ」ショート動画

TOP