beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

第3回「そうだったんだ! クサビのパスを出すワケ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「クサビ」とは、敵陣に入り込んだ前線の選手に、
縦(斜め)パスを送り、そのリターンを周囲の選手が前向きで受けようとするもの。
これができるかどうかが子どもと大人の分かれ目となる。


 楔(クサビ)とはモノとモノの間に打ち込み、つなぎ止めて固定する道具です。サッカーでは前線の選手が相手DF を背負う形で受け、攻撃の足がかりとなるプレーを「クサビ」のプレーと言い、そのときの後方からの縦パスを「クサビ」と呼びます。
 子どものサッカーにはクサビのパスがありません。なぜなら、マークされている味方にパスを出すという発想がないからです。サッカーのレベルが上がるにつれ、フリーな選手へのパスとドリブルだけでは相手陣内に、なかなか深く攻め込めなくなってきます。
 しかし、クサビのパスを覚えれば、ビルドアップしながら守備網をこじ開けることのできる、大人のサッカーになります。
 クサビのパスを前線に出せば、相手はボールを見ます。その間に、パスを受けた選手の手前側にいる味方は自由に動くことができるのです。1つ縦にボールを入れることで、まるで「カチャッ」とカギが開くように、マークが外れるのです。
 バルセロナはこのクサビのパスを細かい距離で何回も繰り返すので、相手はマークをつかまえきれなくなるのです。
写真を見る
photo-news
クサビのパスでマークが外れる

ボールを持ったMF(A)の前方には、相手DFを背負ったFW(B)が立っています。AはBの足下に縦パスを出します。パスが出たとき、守備側の選手はFWの方向へ寄っていきます。このとき、その手前(自陣側)にいる選手は相手の視野から外れるので、自由に動くことができます。
photo-news
前を向いてボールを受けられる

パスを受けたBは、マークが外れてフリーになった横の選手(C)にパス。Cは相手ゴール方向を向いた状態でボールを受けることができます。
photo-news
大好評発売中!!
『サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本』

 バルセロナをはじめ、世界の強豪クラブでは、幼少期からトッププロまで分け隔てなく、一貫したポリシーにのっとったサッカーの戦術理解が浸透しています。

 では、日本のプレーヤー、指導者、チーム、またそれらを取り巻く環境においてはどうでしょう? サッカー戦術とは「何か?」 サッカー戦術の意味を本当に理解しているでしょうか?

 本書は、日本一の戦術の語り部、西部謙司氏と気鋭のフットボールライター北健一郎氏を著書に迎え、サッカー戦術の基本要素をタイトルの通り、誰でも、簡単に、分かるように解説するものです。
 
 イラスト、図版を豊富に使った退屈しないページ構成によって、小学生からお父さんお母さん、そして先生やコーチなど、サッカーに興味のある幅広い読者のみなさんに戦術のイロハを学んで頂ける内容です。

 ドリブルでの1対1の個人戦術から、ミランのプレッシング、バルセロナのポゼッションサッカーまで、なんとなく知っているつもりで、やり過ごしてきたサッカー戦術の仕組みが、はじめから理解することのできる「みんなのサッカー」戦術書です。

購入:amazon

※本コラムは毎週日曜更新です。全5回。


TOP