beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[大学選手権]関西王者・桃山学院大は8強で散る:準々決勝(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.23 全日本大学選手権準々決勝 桃山学院大0-1慶應義塾大 足利]

 第60回全日本大学選手権大会は23日、各地で準々決勝を行い、栃木県・足利市総合運動公園陸上競技場の第2試合では桃山学院大(関西1)と慶應義塾大(関東3)が対戦。FW大塚尚毅(4年=滝川二高)の決勝点で慶應義塾大が1-0で競り勝ち、93年度大会以来、18大会ぶりの準決勝進出を決めた。
写真を見る
photo-news
桃山学院大の先発メンバー
photo-news
GK圍謙太朗(2年=大津高)はビックセーブをみせた
photo-news
セットプレーで狙うDF谷口功(3年=鹿児島実業高)
photo-news
MF山瀬彰也(4年=大分U-18)はゴールを目指して攻め込んだ
photo-news
DF朴斗翼(3年=神戸科学技術高)ら守備陣にとって悔しい失点
photo-news
MF水頭廉(2年=広島ユース)は先発すると積極的にゴールを目指した
photo-news
FW中東優治(3年=C大阪U-18)は不発に終わった
photo-news
スローインで狙うDF中嶋亮(4年=水口高)
photo-news
FW加藤潤(4年=磐田ユース)は途中出場でゴールをめざした
photo-news
ドリブル突破を仕掛けるMF水頭廉(2年=広島ユース)
photo-news
敗戦に肩を落とす選手たち
photo-news
関西王者も零封負けで8強で散る

TOP