beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[ミズノカップU-18IN熊本2012]溝田ロスタイム同点弾!津工vs静岡学園は1-1ドローに(28枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.16 ミズノカップU-18IN熊本2012FINALラウンド 津工1-1静岡学園 大津町運動公園球技場]

 全国の強豪18校が優勝を争う「ミズノカップ U-18 IN 熊本 2012」は大会最終日の16日、FINALラウンドを行い、1位リーグの津工(三重)対静岡学園(静岡)戦は、後半ロスタイムに津工がU-18日本代表FW溝田光(3年)の同点ゴールによって追いつき、1-1で引き分けた。
写真を見る
photo-news
「ミズノカップ U-18 IN 熊本 2012」は大会最終日、静岡学園、津工、熊本国府の3チームによる1位グループリーグ戦によって優勝が争われた
photo-news
白熱した「ミズノカップ」もいよいよ大会最終日
photo-news
試合は前半34分、静岡学園FW鈴木玲央(3年)の右足が津工GK坂本悠(2年)の守るゴールを破る
photo-news
だが津工は後半ロスタイム、エースFW溝田光(3年)のゴールで引き分けに持ち込んだ
photo-news
劇的な同点ゴールを喜ぶ津工FW溝田光(3年)
photo-news
チームメートの祝福
photo-news
津工は守備陣の粘り強い対応が同点劇につながった
photo-news
「mizuno」の横断幕の前を選手たちが駆け抜けた
photo-news
静岡学園のゴールを守ったGK土屋雅人(3年)
photo-news
ドリブル突破を図るMF瀧崎貢(3年)
photo-news
ドリブルで中央を駆け上がるMF大川祐矢(3年)
photo-news
右サイドから好クロスを上げたSB吉田蒼一朗(3年)
photo-news
FW小畑賄人(3年)はキープ力の高さを活かして前線で攻撃の起点に
photo-news
右サイドを攻め上がるSB田中翔梧(3年)
photo-news
負傷離脱した鈴木琢矢に代わり、最終ラインに安定感をもたらしたCB鎌田大輝(3年)
photo-news
縦パスを繰り出すMF磯貝誓(2年)
photo-news
静岡学園の中盤で攻撃をコントロールしたMF大村颯士(3年)
photo-news
SB加納錬(3年)はチーム一のスタミナの持ち主
photo-news
CB西原堅斗(3年)が身体を張って相手の突破をストップ
photo-news
CB伊藤翼(3年)は相手の仕掛けを最後のところで阻み続けた
photo-news
津工のCB内田康太(3年)は局面を一発で変えるフィードが武器
photo-news
厳しい守りと中央突破。中盤で存在感を放ったMF小池士(3年)
photo-news
右サイドからドリブルを繰り出すMF中川正貴(2年)
photo-news
主将のDF安井智哉(3年)は足技巧みな左SB
photo-news
中盤から前線を追い越す動きを見せるMF柴田則幸(3年)
photo-news
技巧派ドリブラー、MF名和太陽(3年)
photo-news
交代出場でゴールを狙ったFW深瀬健也(3年)
photo-news
この試合のマン・オブ・ザ・マッチは津工FWは溝田光(3年)

TOP