beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]残留争いの大一番、10位・名古屋U18が8位・履正社下す(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[11.22 高円宮杯プレミアWEST第16節 履正社高 1-2 名古屋U18 履正社高G]

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグWEST第16節2日目が22日に行われ、8位・履正社高(大阪)と勝ち点5差で10位の名古屋グランパスU18(愛知)が対戦。試合終盤に2得点を奪った名古屋が逆転勝利をおさめた。
▼関連リンク
2015プレミアリーグWEST
写真を見る
photo-news
思うようにプレーできなかったFW森晃太(3年)だが、セットプレーで2点に絡んだ
photo-news
履正社DF大迫暁(左、3年)を振り切るMF深堀隼平(右、2年)
photo-news
DF難波智博(2年)はプレミアデビュー戦ながらも、上々の出来
photo-news
DF安田拡斗(3年)が、GKにパスを繋ぐ
photo-news
決勝点を奪ったMF田中彰馬(2年)を名古屋イレブンが祝福
photo-news
FW北野晴矢(3年)が、前線でパスを受ける
photo-news
右サイドでチャンスを伺うMF柴田駿(3年)
photo-news
中盤でパスコースを探すMF川崎健太郎(3年)
photo-news
中央を仕掛けるMF牧野寛太(3年)
photo-news
先制点を奪ったFW西村光明(3年)
photo-news
3列目からスルーパスを狙うMF田中駿汰(3年)
photo-news
サイドで見せ場を作ったMF林大地(3年)だが、後半途中に負傷離脱
photo-news
MF田中彰馬(2年)は人生2度目のヘディング弾が勝越し点に
photo-news
最終ラインから組み立てを狙うDF加藤直生(3年)
photo-news
高い守備力を見せたMF小川達也(3年)
photo-news
MF梶山幹太(2年)は後半に入り、攻め上がりの回数が増加

TOP