beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

城西国際大の千葉1部初挑戦は3位に終わる(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[11.3 千葉県大学サッカー1部秋期リーグ第7節 城西国際大4-0帝京平成大 城西国際大G]

 城西国際大は3日、第7節の帝京平成大戦をPRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK(高円宮殿下記念スポーツパーク)で行い、4-0で勝利した。城西国際大は10勝4敗の3位で今季のリーグ戦を終えた。
写真を見る
photo-news
今季リーグ最終戦は4-0で勝利
photo-news
米澤康太(2年=都城工高)がハットトリックの活躍
photo-news
後期は7試合中6試合でゴールを記録するなど絶好調だった
photo-news
DF寺田大輝(2年=浜松開誠館高)も久々に得点を記録した
photo-news
MF加藤潤也(1年=米子北高)は今季全試合にスタメン出場した
photo-news
MF小栗和也(1年=北海道大谷室蘭高)は最終戦で今季初スタメンを飾った
photo-news
MF小嶋慶蔵(2年=長崎日大高)も久々のメンバー入りに燃えた
photo-news
MF田中崚平(1年=広島皆実高)は無念の負傷交代
photo-news
右SBはこの日も梅野健太郎(1年=福岡U-18)。3点目のオーバーラップは鋭かった
photo-news
FW香川滉太(2年=瀬戸内高)は悔しい途中出場途中交代となった
photo-news
城西国際大のサイドを引き締めるDF津川暢彰(2年=札幌U-18)
photo-news
豊富な運動量が光る
photo-news
激戦区だったFW争いだが井之元和之(2年=都城高)は一番多く先発の座を勝ち取った
photo-news
浜田幸織(1年=諫早商高)は3トップの左WGで先発。積極的に仕掛けていた
photo-news
中原翔矢(1年=広島ユース)は無失点も内容に納得いかないと話していた
photo-news
大久保俊(1年=広島観音高)は初のトップ招集初出場を果たした
photo-news
2試合連続完封のGKは平山優樹(2年=長崎日大高)
photo-news
じっくり試合を見つめる小山哲司監督
photo-news
新戦力も次々台頭
photo-news
来年こそは1部優勝を目指す

TOP