beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[ADIDAS CUP 2016 in TOKYO]鹿島学園がC大阪内定MF擁する札幌大谷に競り勝つ(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.1 ADIDAS CUP 2016 in TOKYO 札幌大谷2-3鹿島学園 流通経済大グラウンド]

「アディダスカップ 2016 in TOKYO」は1日、大会2日目の15試合を行った。流通経済大グラウンドで行った第1試合では、鹿島学園高(茨城)が札幌大谷高(北海道)を3-2で下した


●ADIDAS CUP 2016 in TOKYO特集
写真を見る
photo-news
鹿島学園が競り勝った
photo-news
決勝点を決めたのは途中出場のFW中野大飛(3年)
photo-news
反転シュートでゴールネットを揺らした
photo-news
前半22分に同点弾を決めたのはMF山田敬吾(3年)
photo-news
前半の勝ち越し点はDF西村陽太(3年)のヘディング弾だった
photo-news
MF菅原賢(3年)はCKからアシストを記録した
photo-news
主力に怪我人続出の鹿島学園
photo-news
チームの底上げに期待がかかる
photo-news
対したのはセレッソ大阪への入団が内定したMF大山武蔵(3年)擁する札幌大谷
photo-news
前半12分にはMF木村太哉(3年)のミドルで先制
photo-news
前半39分にはFW細川栞太(2年)のオシャレなヒールキックで試合を振り出しに戻した
photo-news
試合のペースを握っていた札幌大谷。しかし勝ち越し点を奪うことが出来なかった
photo-news
スルーパスを出すDF松永凱翔(3年)
photo-news
MF磯部颯希(3年)は途中出場
photo-news
FW植木愁人(3年)は後半21分にスルーパスから決定機を演出したが…
photo-news
GK佐々木健悟(3年)は後半22分に好セーブが見られた

TOP