beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[関西]一時は0-2も、FW木藤2G1Aの立命館大が3-3のドローに持ち込む(21枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第94回関西学生リーグ1部の後期第5節が1、2日に各地で行われた。立命館大同志社大の一戦は3-3のドロー。伝統の一戦は引き分けに終わっている。

※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム
写真を見る
photo-news
2ゴールでチームに勝ち点をもたらした(左)木藤舜介と喜ぶ(右)佐々木宏太
photo-news
両校揃っての集合写真
photo-news
FW木藤舜介(2年=東福岡高)がヘディングで同点弾をマーク
photo-news
ゴール左隅のネットへおさまった木藤のヘディング弾
photo-news
閉会の挨拶をする立命大主将・大田隼輔(4年=桐光学園高)
photo-news
伝統の戦いは3-3の引き分けで幕を閉じた
photo-news
立命館大スターティングイレブン
photo-news
15本のシュートを浴びるも最後の砦となり仲間を鼓舞したGK白坂楓馬(2年=桐光学園高)
photo-news
DF塩田晃大(1年=玉野光南高)が左サイドから前線へボールを送る
photo-news
DF重松勇樹(1年=中京大中京高)が冷静にパスコースを見極める
photo-news
DF池松大騎(4年=京都U-18)は後方から攻撃に厚みを加えた
photo-news
負傷を物ともせずキャプテンシーを発揮したDF大田隼輔(4年=桐光学園高)
photo-news
素早く攻守を切り替えるMF清水航輔(3年=京都U-18)
photo-news
MF中野匠(3年=広島ユース)は細かいボールタッチで相手を翻弄
photo-news
MF吉永皓正(4年=C大阪U-18)が中盤から前線へボールを繋ぐ
photo-news
激しい攻防をみせた両校「10」番対決、(左)MF國分伸太郎(4年=大分U-18)
photo-news
前節、リーグ戦デビューを果たしたFW守屋圭幾(1年=京都U-18)が初のスタメン出場
photo-news
広い視野でボールを散らし、攻撃の幅を広げたMF高畑智也(4年=滝川二高)
photo-news
1点差に詰め寄るゴールでチームを勢いづけたMF佐々木宏太(3年=作陽高)
photo-news
得点後、リスタートを急ぐ(左)佐々木宏太と(右)中野匠
photo-news
スピードに乗ってFW佐當慧(3年=清風高)が前進

TOP