beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

17年U-17W杯へ、新戦力発掘目指したU-16日本代表候補大阪合宿、全25選手写真:MF・FW編(13枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 U-16日本代表候補は10月31日から11月3日までの4日間、大阪府堺市にあるJ-GREEN堺にて合宿を行った。9月のAFC U-16選手権メンバーは招集されず、来年行われるU-17W杯へ向けた新戦力発掘が主な目的。3試合の練習試合で輝きを放った選手もいて、実りある時間となった。
写真を見る
photo-news
初戦4得点と猛アピールのMF郡司篤也(市立船橋高)はC大阪戦でも1アシスト
photo-news
「課題ばかりが残った。シュートを決めないと」とMF椿直起(横浜FMユース)は反省点を強調
photo-news
MF津野絢世(京都U-18)は守備から積極的に関わり、復帰へアピール
photo-news
ダイナミックな展開と確かな守備を見せたMF井川空(札幌U-18)は一躍有力候補に
photo-news
MF本間至恩(新潟U-18)は「ドリブルが特長なので」という言葉そのままのプレー+2得点
photo-news
サイドに流れる動きでチャンスメーカーとなったFW石井快征(鳥栖U-18)
photo-news
FW今村涼一(FC東京U-18)は強烈ボレーでG大阪ユース戦にて1得点
photo-news
10番を背負って中盤で舵取り役を担ったMF奥野耕平(G大阪ユース)
photo-news
ターゲットとして機能し、ゴールへの意識の高さも見せたFW森海渡(柏U-18)は1得点
photo-news
ボランチでプレーし、履正社戦では1ゴールも決めたMF鈴直樹(広島ユース)
photo-news
中盤の中央で守備の強さを見せたMF福島隼斗(大津高)
photo-news
FW榊原彗悟(横浜F・マリノスユース)は得意の間(あいだ)で受けるプレーを見せた
photo-news
MF松本大弥(広島ユース)は中学時代の僚友・榊と再会。「いつか代表でやろうと誓い合っていた」

TOP