beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]最終節逆転V、3冠達成目指したFC東京U-18、無念の2位に(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.11 高円宮杯プレミアリーグEAST第18節 FC東京U-18 0-1 青森山田高 FC東京小平グラウンド]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEASTは11日、最終節を行った。首位・青森山田高(青森)と勝ち点1差の2位・FC東京U-18(東京)との優勝を懸けた直接対決は、千葉内定MF高橋壱晟(3年)の決勝点によってアウェーの青森山田が1-0で勝利。青森山田が初優勝を飾った。

▼関連リンク
2016プレミアリーグEAST
写真を見る
photo-news
あと一歩で3冠を逃し、選手たちは肩を落とした
photo-news
U-16代表MF平川怜(1年)は、ミドルシュートでゴール狙った
photo-news
CB蓮川壮大主将(3年)が、気迫のディフェンスを見せる
photo-news
強引な仕掛けで突破を狙う14年U-16代表のFW半谷陽介(3年)
photo-news
円陣を組み、気合を入れる
photo-news
U-17代表のDF岡庭愁人(2年)が、右サイドからゴールを目指した
photo-news
MF生地慶充(3年)が、連係良くチャンスメーク
photo-news
前方を見ながら次のプレーを考える生地
photo-news
激しい競り合いを見せる蓮川
photo-news
右SB坂口祥尉(2年)は、右サイドからの崩しを狙った
photo-news
相手プレスから、避けるようにボールを蹴る坂口
photo-news
MF伊藤純也(3年)が、サイドの崩しに加わった
photo-news
パスを供給する伊藤
photo-news
FW松岡瑠夢(3年)が、サイドから突破を仕掛けた
photo-news
身体を入れてキープする松岡
photo-news
大舞台での決定力を持つ半谷だが、今試合は無得点
photo-news
左SB長谷川光基(2年)が、守備意識高くプレー
photo-news
顔を上げボールを運ぶ平川
photo-news
戦況を見つめる佐藤一樹監督
photo-news
青森山田との勝ち点差1を埋めることはできなかった

TOP