beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

堅守を生かして4強入りの山形ユース、初の複数失点で浦和ユースに敗戦(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.31 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会・準決勝 浦和ユース2-0山形ユース 味フィ西]

 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の準決勝が31日に味の素フィールド西が丘で行われ、第1試合では浦和レッズユース(関東3)がモンテディオ山形ユース(東北1)に2-0で勝利し、準優勝に終わった2003年大会以来、14年ぶりの決勝進出を果たした。

●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ
写真を見る
photo-news
初のベスト4進出と快進撃を果たしたモンテディオ山形ユース
photo-news
リードされる展開も最後まで攻め込んだ
photo-news
今大会初めての複数失点で敗戦
photo-news
挑戦は準決勝の舞台で終わってしまった
photo-news
激しくボールにアプローチしたGK高山颯斗(3年)
photo-news
迫力のある浦和ユースの左サイドと対峙したDF齋藤大空(3年)
photo-news
DF加藤雅也(3年)はロングスローでもチャンスを作った
photo-news
キャプテンとしてもチームをけん引したDF佐藤岳(3年)
photo-news
前線で身体を張る姿が目立ったFW鈴木朝日(3年)
photo-news
前半26分から途中出場したMF吉田樹(3年)
photo-news
ボランチでの出場ながらゴール前へ積極的に顔を出した
photo-news
チーム最多タイのシュート2本を放ったMF石井壱成(3年)
photo-news
チーム最長身の182センチDF五十嵐英敏(2年)
photo-news
U-16日本代表DF半田陸(1年)はボランチに挑戦
photo-news
試合途中からは本職の右サイドバックでもプレーした
photo-news
途中出場で推進力を見せたMF小笠原楓真(2年)
photo-news
ドリブル突破で何度もチャンスを作ったMF大友千裕(2年)
photo-news
後半19分に出番を得たDF石崎裕己(2年)
photo-news
ピッチ内に指示を出し続けた今井雅隆監督
photo-news
プリンスリーグ東北では現在3位、この悔しさをつなげたい

TOP