beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

日本人対決は浅野のシュツットガルトに軍配…香川先発ドルトはCLに不安残す(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ブンデスリーガ第12節が17日に行われ、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でFW浅野拓磨所属のシュツットガルトに1-2で敗れた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集
写真を見る
photo-news
MF香川真司が先発したドルトムントは1-2で敗北
photo-news
リーグ戦3連敗を含む5試合勝ちなし(1分4敗)となり、GL突破を目指して戦う21日の欧州CLに不安を残した
photo-news
前半アディショナルタイム1分に途中出場したFW浅野拓磨
photo-news
スタメンの香川は後半18分までプレーした
photo-news
前半5分にバルトラとGKビュルキの連携ミスから、MFチャドラック・アコロに先制ゴールを献上したドルトムント
photo-news
MFマリオ・ゲッツェは前半アディショナルタイムにPKを誘発するパスを供給
photo-news
MFアンドレ・シュールレのPKは止められるが…
photo-news
FWマキシミリアン・フィリップがPKのこぼれ球を押し込み、前半アディショナルタイム3分に1-1と同点に追いつく
photo-news
ドルトムントはスコアをタイに戻して後半へ
photo-news
逆転を狙いたかったが、後半6分に抜け出したMFヨシプ・ブレカロに決められ、再びリードを許す展開となった
photo-news
ドルトムントはネットを揺らしながら直前のハンドでゴールを取り消される場面も
photo-news
悪い流れを断ち切れず、5試合ぶりの勝利とはならなかった

TOP