beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

国内組の“ラストサバイバル” ロシアW杯へ生き残るのは…CB編(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 EAFF E-1選手権に出場する日本代表が7日、都内で合宿4日目の練習を行った。

●EAFF E-1選手権2017特集ページ
写真を見る
photo-news
DF陣で最多7キャップのDF昌子源が守備陣を引っ張る
photo-news
定位置奪回へ個人としても重要な大会になる
photo-news
6月の初招集以降、まだ出場機会のないDF三浦弦太
photo-news
海外組に槙野も不在の今大会は絶好のアピールの場
photo-news
DF登録では初の代表入りとなったDF谷口彰悟
photo-news
クラブと同じセンターバックで存在感を示したい
photo-news
DF植田直通にもいよいよデビューのチャンスが訪れそうだ
photo-news
初招集から約3年…「チャンスが来たときのためにしっかりと準備したい」

TOP