beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

無敵の“夏の覇者”が最後に見せた隙…流経柏は今大会初失点で敗れる(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第96回全国高校サッカー選手権の決勝が8日に埼玉スタジアムで行われ、前橋育英高(群馬)は流通経済大柏高(千葉)に1-0で勝利した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

●【特設】高校選手権2017
写真を見る
photo-news
土壇場で今大会初失点を喫し、優勝を逃した流通経済大柏高
photo-news
絶体絶命のピンチでも体を張って相手のシュートを防いでいたが、最後に力尽きた
photo-news
夏の全国高校総体の王者として臨んだ今大会
photo-news
10年ぶりの選手権優勝、そして夏冬連覇は叶わなかった
photo-news
戦いの場へと向かう両チーム
photo-news
流通経済大柏は今大会ここまで全4試合無失点
photo-news
最後はやらせないという気持ちのこもった守備を見せたDF瀬戸山俊(3年)
photo-news
GK薄井覇斗(3年)は守備範囲が広く、ハイボールの処理も安定していた
photo-news
左サイドから好クロスを送ったDF近藤立都(3年)
photo-news
DF佐藤蓮(3年)は同サイドの相手をケアしつつ、タイミングよく攻撃参加
photo-news
前線でボールを収め、味方をうまく使ったMF菊地泰智(3年)
photo-news
守備でも前から相手を追いかけ、パスコースを限定した
photo-news
我慢比べの展開の中、集中を切らさずに中盤をコントロールしたMF宮本泰晟 (3年)
photo-news
FW安城和哉(3年)は前線で勇敢に相手DFと競り合った
photo-news
ワンチャンスを狙って攻め込んだFW熊澤和希(2年)
photo-news
6日の準決勝・矢板中央高戦(1-0)ではスーパーボレーで決勝点を挙げていたMF加藤蓮(3年)
photo-news
MF石川貴登(3年)はスピードを生かして左サイドを疾走
photo-news
味方のクロスに思い切りよく飛び込んだFW池田啓利(3年)
photo-news
MF金澤哲流(3年)はスコアレスの後半40分に投入され、現状打破を図った
photo-news
土壇場でゴールを割られた流通経済大柏
photo-news
試合は無情にも0-1でタイムアップ
photo-news
準優勝の表彰を受ける選手たち
photo-news
前橋育英高の選手と握手
photo-news
互いに健闘を称え合った

TOP