beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

決勝不発も前橋育英FW飯島が7ゴールで大会得点王(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第96回全国高校サッカー選手権の決勝が8日に埼玉スタジアムで行われ、前橋育英高(群馬)は流通経済大柏高(千葉)に1-0で勝利した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

●【特設】高校選手権2017
写真を見る
photo-news
大会通算7ゴールを記録したFW飯島陸(3年)
photo-news
決勝ではノーゴールに終わったが、得点王に輝いた
photo-news
卒業後は法政大に進学する予定となっている
photo-news
「大学ではもっと体を強くして、そこも鍛えないといけないと思っている」と、さらに上を見据えた
photo-news
自身に張り付くDF三本木達哉(3年)と激しいマッチアップを見せた飯島
photo-news
タイトなマークを受けたが、前を向いた時のプレーは恐さがあった
photo-news
セットプレー崩れから強烈なミドルシュートも見舞った
photo-news
前半アディショナルタイム1分に裏へのルーズボールに反応し、PA内右から右足でシュートを放ったが、惜しくも左ポストを直撃
photo-news
後半も貪欲にゴール前へ
photo-news
相手のタフなディフェンスにも負けない
photo-news
後半アディショナルタイム2分にPA内右へ流れたボールに追いつき、反転から左足でシュート
photo-news
自身のシュートのこぼれ球を榎本が押し込み、そのまま1-0でタイムアップの笛を聞いた

TOP