beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

2戦連続スタメンのU-21代表DF古賀太陽「不甲斐ないし、情けない」(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFC U-23選手権の準々決勝が19日に行われ、U-21日本代表はU-23ウズベキスタン代表に0-4で敗れた。

●AFC U-23選手権2018特集ページ
写真を見る
photo-news
3バックの左で90分間プレーしたDF古賀太陽(柏)
photo-news
チームは0-4の大敗を喫した
photo-news
自身も後半2分にヤフシボエフにかわされて4失点目に絡むなど、活躍を見せられず
photo-news
「不甲斐ないし、情けない」と肩を落とした
photo-news
チームがGL第3戦の北朝鮮戦から先発10人を入れ替えた中、唯一の2試合連続スタメン
photo-news
試合はウズベキスタンの攻勢に耐える展開
photo-news
「ビルドアップのところでも自分たち以上の力を出してきたし、球際の部分、一つひとつのスピードだったり、すべて相手の方が上だった」
photo-news
「優勝という形に貢献して終えたかった」と悔しさを滲ませた

TOP