beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[新人戦]シュート16本放つもクロスバー、GKに阻まれ無得点…新生・前橋育英が初黒星(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成29年度群馬県高校サッカー新人大会決勝が11日に行われ、選手権日本一の前橋育英高桐生一高が激突。桐生一が1-0で勝ち、3年ぶりの優勝を果たした。
写真を見る
photo-news
前橋育英の新チームが初黒星
photo-news
シュート16本を放ったが、無得点に終わった
photo-news
新チームのキャプテンマークを巻いた左SB若月輝(2年)
photo-news
左MF小栗秀哉(2年)が決定的なヘディングシュート
photo-news
1対1をストップするなど好守を見せ続けたGK山口瞬(2年)
photo-news
CB山原康太郎(2年)のヘディングシュートは2度クロスバーに阻まれた
photo-news
山原は空中戦での強さを発揮
photo-news
右サイドから中へ切れ込むMF深澤康太(2年)
photo-news
右サイドを駆け上がるSB山田涼太(1年)
photo-news
鋭い抜け出しでチャンスに絡んだFW室井彗佑(2年)
photo-news
最終ラインから攻撃を組み立てるCB吉田和暉(2年)
photo-news
正確な右足を武器とするMF須田晃輝(2年)
photo-news
中盤でゲームをコントロールするMF鏑木瑞生(2年)
photo-news
後半開始から投入されたMF秋山裕紀(2年)がサイドへ展開する
photo-news
バイシクルシュートを狙うなど果敢にゴールへ迫ったFW高橋優斗(2年)
photo-news
注目FW高橋尚紀(2年)は相手ゴールをこじ開けることができず
photo-news
後半途中から左サイドに入ったMF森隼平(2年)
photo-news
若月がチームメートに声をかける
photo-news
山口は最後方でチームを支え続けた
photo-news
室井が思い切りよくシュート
photo-news
小栗は決定機に絡んでいたが
photo-news
須田が中盤でボールを左右に動かす
photo-news
司令塔候補の秋山はリーダーシップを取っていく
photo-news
準優勝からのスタート。先輩たちに並ぶ結果を残すためにもここから巻き返す

TOP