beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「普通の都立高校」狛江が快進撃!東京準決勝進出!(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 21日、平成30年度関東高校サッカー大会準々決勝が行われ、狛江高が0-0で突入したPK戦の末、5-4で大成高に勝利。準決勝進出を決めた。
写真を見る
photo-news
無欲で東京準決勝まで勝ち上がった狛江
photo-news
応援席からの声がチームを後押しする
photo-news
破壊力ある左足の持ち主、左SB安藤貴大主将(3年)
photo-news
中盤の底の位置でボールを刈り取るMF勝見明也(3年)
photo-news
サイドへ流れてボールをキープするMF新井湧大(3年)
photo-news
MF秋本恭平(3年)がスペースを狙ったパス
photo-news
右サイドからゴールを目指したMF櫻井拓実(2年)
photo-news
1チャンスを狙い続けたFW小野達矢(3年)
photo-news
左MF神山範佳(3年)がDFラインをカバー
photo-news
右SB伊藤潤(2年)が身体を投げ出してボールに触る
photo-news
俊敏な守護神、GK八木下悠太(3年)
photo-news
延長戦、積極的にゴールを目指したFW前原龍太郎(3年)
photo-news
ドリブルでスペースを突くMF山本由稀(3年)
photo-news
MF長谷川和磨(3年)は後半終了直前からピッチへ
photo-news
ヘディングとパスの質、粘り強い守備にこだわってきた
photo-news
厳しい練習よりも厳しい私生活にこだわってきた
photo-news
スピードのある攻撃参加を見せたSB伊藤潤(2年)
photo-news
左SB安藤貴大主将(3年)が身体の強さを活かした守備
photo-news
「普通の都立高校」(長山監督)という狛江がやるべきことを徹底して東京4強入り
photo-news
長山拓郎監督は「他の都立の力になればいい」と語っていた

TOP