beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[関東大会]埼玉2冠の成徳深谷は準優勝…悲願の全国を懸けて総体予選へ(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第61回関東高校サッカー大会は最終日の4日、群馬県の正田醤油スタジアム群馬で決勝戦を行った。Bチーム参戦の前橋育英高(群馬)が成徳深谷高(埼玉)を2-1で破り、初優勝を飾った。
写真を見る
photo-news
準優勝になった成徳深谷高
photo-news
決勝で敗れ、笑顔は少なかった
photo-news
埼玉県深谷市のゆるキャラ「ふっかちゃん」も応援に
photo-news
ロングスローで強さを見せたDF長谷玲央(3年)
photo-news
失点後、円陣を組むGK神尾龍汰(3年)ら
photo-news
ボールを前に運ぶMF佐藤蒼太(3年)
photo-news
ドリブルで駆け上がるFW樋口裕也(3年)
photo-news
鮮烈な70m突破を見せたFW北原港(3年)
photo-news
中盤でボールを動かしたMF石川怜磨(3年)
photo-news
最前線で裏に抜けたFW戸澤雄飛(2年)
photo-news
出場機会をつかんだDF堀口新大(3年)
photo-news
途中出場でピッチに立ったMF竹間世和(3年)
photo-news
味方の負傷により、最終ラインを支えるDF堀井皓士郎(3年)
photo-news
途中出場でパワープレーでも魅せたDF成澤圭梧(3年)
photo-news
ジョーカー起用ながら得点を決めたFW間中実来(3年)
photo-news
悲願の全国を懸けて、総体埼玉県予選に臨む

TOP