beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

創成館は伝統校破って長崎決勝進出、選手権で初の全国へ(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月7日、平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)長崎県予選準決勝が行われ、新人戦準優勝の創成館高が伝統校・国見高を1-0で撃破。創成館は決勝で敗れ、惜しくも全国には手が届かなかった。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
勝利を喜ぶ創成館イレブン
photo-news
初の全国出場は選手権で
photo-news
攻撃のキーマン、FW田中瑛修(2年)
photo-news
パワフルな動きが印象的だったFW有働洋匡(3年)
photo-news
右足でFKを蹴り込むMF田中遥斗(3年)
photo-news
MF松尾祐汰(3年)が左足ミドルを放つ
photo-news
身体を張って1点を守り抜いたDF高木大誠(3年)
photo-news
守護神、本村弘翔(3年)は集中した守り
photo-news
右サイドからクロスを放り込むMF末永淳(3年)
photo-news
冷静な対応を見せたDF後藤翔(2年)
photo-news
FW伊藤剣心(3年)がドリブルで前進
photo-news
積極的に声がけしていたMF梅林大稔(3年)
photo-news
試合終盤に投入されたDF川添賢星(3年)
photo-news
田中瑛修が鋭い特長を操る
photo-news
中盤でボールを収める松尾祐汰
photo-news
有働洋匡はフィジカルコンタクトの強さを発揮

TOP