beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

驚異となった市立尼崎の強力2トップ、FW庄のパスからFW上野が先制ゴール(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月8日、平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)兵庫県予選準決勝が行われ、滝川二高市立尼崎高が激突。市立尼崎が1-1で突入したPK戦を9-8で制した。市立尼崎は決勝で敗れ、準優勝に終わっている。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
後半29分、FW上野輝人(3年)がDFを振り切る
photo-news
左足シュートをゴールに突き刺した
photo-news
勝利に大きく近づくゴールだった
photo-news
アシストしたのはFW庄一真(3年)
photo-news
個で持ち込んでシュートも
photo-news
上野輝人は鋭い仕掛けを連発した
photo-news
滝川二のDF陣を2トップが攻略
photo-news
庄一真は小柄だが、キープ力を発揮した

TOP