beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

鹿島内定の流経大柏CB関川主将、5か月ぶりの復帰戦で完封勝利(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)千葉県予選は6月9日、決勝トーナメント1回戦を行った。昨年日本一の流通経済大柏高は今大会初戦で千葉日大一高に3-0で勝利。流経大柏は準決勝で敗れ、全国出場を逃している。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
鹿島内定のCB関川郁万主将(3年)
photo-news
高校ナンバー1CBは圧巻ヘッドで違いを見せる
photo-news
膝の手術の影響で約5か月ぶりの復帰戦
photo-news
攻撃の柱・熊澤と策を練る
photo-news
ピッチでの存在感は抜群
photo-news
前方のスペースを突くドリブルも連発
photo-news
コンディションはまだまだ
photo-news
準決勝で敗れてインターハイ出場ならず。冬に必ず、巻き返す

TOP