beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

埼玉2冠の成徳深谷は昌平に惜敗。選手権で全国出場に再挑戦(17枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月23日、平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)埼玉県予選準決勝が行われ、成徳深谷高昌平高が対戦。昌平が2-0で勝ち、3年連続3回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
今年埼玉2冠。全国出場に挑戦した成徳深谷
photo-news
右SB長谷玲央(3年)は対人の強さとロングスローが武器
photo-news
相手の突破を阻むCB堀井皓士郎(3年)
photo-news
MF藤田温杜(3年)がFKを蹴り込む
photo-news
成徳のゴールを守るGK神尾龍汰(3年)
photo-news
背後へのボールに対応するSB山田宏心(3年)
photo-news
MF堀口新大(3年)がシュートへ持ち込む
photo-news
MF石川怜磨(3年)がDFのマークを外す
photo-news
FW竹間世和(3年)がスペースへ抜け出す
photo-news
前半途中に投入されたFW新井飛雅(3年)
photo-news
後半、シュートシーンを作り出したFW北原港(2年)
photo-news
鋭いドリブルで仕掛けたFW間中実来(2年)
photo-news
MF若林蓮(3年)は終盤にピッチへ
photo-news
右サイドの突破を図る長谷玲央
photo-news
成澤とともに最終ラインを支えた堀井皓士郎
photo-news
特に立ち上がりは勢いがあったが…。選手権で全国に再挑戦
photo-news
悔しい敗戦をエネルギー

TOP