beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

“自分らしいプレー”取り戻した國學院久我山10番のFW宮本稜大が躍動(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技(三重)が7日に開幕。三重交通G スポーツの杜 鈴鹿(メイン)の第2試合では神戸弘陵高(兵庫)と國學院久我山高(東京2)が対戦し、國學院久我山が3-0で快勝した。

(写真協力=高校サッカー年鑑)
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
前半18分にチーム2点目を決めたFW宮本稜大(3年)
photo-news
エースだが、インハイ出場決定後は自分のプレーができず、先発落ちも経験した
photo-news
思い切り良い仕掛け
photo-news
一気に相手をかわして右足シュートを決めた
photo-news
チームメイトと喜ぶ宮本
photo-news
監督の言葉で“自分らしいプレー”を取り戻した10番が躍動
photo-news
先制にも絡んだ
photo-news
宮本がプレーでチームを引っ張る

TOP