beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

長崎日大は8強進出ならず…堅守に阻まれ、シュートも3本に終わる(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技3回戦が9日に行われ、富山一高(富山)と長崎日大高(長崎)が対戦。富山一が3-0で勝利した。
(写真協力=高校サッカー年鑑)
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
長崎日大は0-3で完敗に
photo-news
ゴールを守ったGK前田祥(2年)
photo-news
DF堀江泰介(3年)がボールを運ぶ
photo-news
激しく競り合うDF橋本亮介(2年)
photo-news
長崎日大は8強進出ならず…シュート数も3本に抑えられてしまった
photo-news
スタンドから声援が飛ぶ
photo-news
守備範囲の広さをみせた前田
photo-news
堀江はクロスでチャンスをつくった
photo-news
左サイドから攻め立てる橋本
photo-news
対人の強さをみせたDF坂口蓮登(3年)
photo-news
ボールに向かうDF川上彪豪(2年)
photo-news
MF三浦楓生(3年)が1対1を仕掛ける
photo-news
要所で効果的なサイドチェンジをみせた
photo-news
中盤で攻守に動いたMF池田竜大郎(3年)
photo-news
ビルドアップで攻撃を組み立てた
photo-news
MF山本壮馬(2年)が冷静に周囲を確認
photo-news
縦へ仕掛けるFW山下真汰郎(3年)
photo-news
FW藤本蓮(3年)は前線で攻撃を牽引
photo-news
左右両足で精度の高いキックを放った
photo-news
DF小川浩史朗(2年)は後半アディショナルタイムに投入
photo-news
後半33分から出場したMF重冨凌(2年)
photo-news
FW山崎光(2年)がボールを見据える
photo-news
FW松村優生(2年)は後半33分から途中出場
photo-news
後半から投入されたFW徳永健人(3年)は積極的にゴールを狙った

TOP