beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[SBSカップ]MF安島や喜田、上月中心にゴール目指したU-18代表、2連勝で最終節へ(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「2018 SBSカップ国際ユースサッカー」は大会2日目の17日、U-18日本代表と地元・静岡ユース(U-18静岡県選抜)が対戦。0-0で突入したPK戦の末、U-18代表が3-2で勝った。
▼関連リンク
●2018 SBSカップ国際ユースサッカー特集
写真を見る
photo-news
先発イレブン
photo-news
落ち着いたボールコントロールが印象的なMF安島樹(大宮ユース)
photo-news
MF喜田陽(C大阪U-18)が2列目から飛び出す
photo-news
積極的にシュートを放ったMF上月壮一郎(京都U-18)
photo-news
影山雅永監督は各選手にチームをリードする姿勢を求める
photo-news
後半攻撃の中心となったFW宮代大聖(川崎F U-18)
photo-news
この日は右SHとして起用された松尾勇佑(市立船橋高)
photo-news
FW石井快征(鳥栖U-18)が強引に割って入ろうとする
photo-news
CB岸本駿朔(市立船橋高)は終了間際に緊急出場
photo-news
大学生MFの井川空(筑波大)はこの日出番がなかった
photo-news
GK小久保玲央ブライアン(柏U-18)は最終節で再び先発も
photo-news
FW斉藤光毅(横浜FCユース、左)とCB三國ケネディエブス(青森山田高)は最終節で出場か
photo-news
安島樹が縦パスを狙う
photo-news
攻守に存在感ある動きを見せる喜田陽
photo-news
上月壮一郎は貴重な突破口に
photo-news
松尾勇佑がドリブルでゴール前に侵入
photo-news
1チャンスでのゴールを狙った石井快征
photo-news
宮代大聖は試合終了間際に決定機を迎えたが…
photo-news
PK戦で勝利
photo-news
19日、優勝を懸けてU-18パラグアイ代表と戦う

TOP