beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

大失策のピケ…“落ち込みぶり”がその後のプレーにも表れる?(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 リーガ・エスパニョーラ第6節が26日に行われ、バルセロナは敵地でレガネスに1-2で敗れた。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
写真を見る
photo-news
自身のクリアミスから逆転弾を献上したDFジェラール・ピケ
photo-news
スペイン『ムンド・デポルティボ』は「最悪のミス」と報じ、その後のピケのプレーにも言及
photo-news
「(前節の)ジローナ戦とは対照的に、そのあとピケが攻撃参加することはなかった。自分の犯したミスに意気消沈していたのかもしれない」
photo-news
首位バルセロナは最下位レガネスにまさかの敗北となった
photo-news
開幕から5戦無敗(4勝1分)だったバルセロナ
photo-news
前半12分にMFコウチーニョが見事なシュートを決めて先制する
photo-news
チームメイトたちがコウチーニョを祝福
photo-news
バルセロナは後半7分にレガネスのザールに同点ゴールを許すと、同8分にはMFオスカル・ロドリゲスに逆転弾を奪われた
photo-news
後半立ち上がりの連続失点で1-2
photo-news
ゴールを目指して攻め込むFWリオネル・メッシ
photo-news
相手の厳しいマークに遭った
photo-news
後半16分に途中出場するも、ノーゴールに終わったFWルイス・スアレス
photo-news
最後まで激しい攻防を繰り広げた両チーム
photo-news
バルセロナは追いつくことはできず、今季初黒星を喫した
photo-news
英『フォー・フォー・トゥー』によると、エルネスト・バルベルデ監督は「最終的な責任は私にある」と選手を擁護
photo-news
MFセルヒオ・ブスケツも「僕らはチームだ。勝つ時も負ける時も一緒だよ」とピケをフォローした

TOP