beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

FC東京U-18はプレミア残留圏浮上ならず、「今日の負けを絶対に無駄にしてはいけない」(18枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 8日、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第15節で9位・FC東京U-18(東京)と4位・清水エスパルスユース(静岡)が激突。清水が3-0で快勝し、3試合を残して8位以内と来季のプレミアリーグ残留を決めた。
●2018高円宮杯プレミアリーグEAST特集
写真を見る
photo-news
プレミアリーグ残留へ厳しい状況が続いている。寺山主将は「今日の負けを絶対に無駄にしてはいけない」
photo-news
右サイドでスプリントを繰り返したSB高橋亮(3年)
photo-news
左SB草住晃之介(3年)がゴール前にボールを入れる
photo-news
FW今村涼一(3年)がマークを外して前進
photo-news
CB木村誠二(2年)は残り3試合での挽回を誓う
photo-news
CB湯本創也(2年)は後半に決定的なシュートも
photo-news
好セーブも見せたGK高橋優仁(2年)だが、悔しい3失点
photo-news
チャンスはあった。前半9分、MF森田慎吾(2年)が右足シュート
photo-news
MF小林里駆(2年)が縦パスを狙う
photo-news
MF沼田航征(2年)が左足でサイドチェンジ
photo-news
後半開始から出場し、決定的なシーンに絡んだDF鈴木智也(3年)
photo-news
1年生MF梅原翔琉も後半開始からピッチへ
photo-news
スピードと左足が武器のSBバングーナガンデ佳史扶(2年)はフェースガードをつけてピッチへ
photo-news
後半38分から出場し、ゴールを目指したFW久保征一郎(2年)
photo-news
沼田航征は左足からDF間を通すパス
photo-news
小林里駆は中盤でボールに絡み続けた
photo-news
J3で11試合に出場している高橋亮
photo-news
FC東京U-18のプライドを持って残り3試合を戦う

TOP