beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

U-19日本代表、千葉合宿打ち上げマレーシアへ…99年組がチームをリード(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 U-20W杯出場を懸けたU-19選手権を控えるU-19日本代表は11日、千葉県内で流通経済大と練習試合(30分×4本)を行い、3-2で逆転勝利をおさめた。

●【特設】AFC U-19選手権インドネシア2018
★日本戦全試合はCS放送のテレ朝チャンネル2で生中継!
写真を見る
photo-news
早生まれを含む“4世代”が融合するU-19日本代表
photo-news
練習試合1本目の先発メンバー
photo-news
別メニュー中のMF齊藤未月(湘南)は出場せず、試合を見守った
photo-news
オプションの3バックも試し、選手が複数の位置で試された
photo-news
影山雅永監督が戦術を説明
photo-news
コーチングが際立ったGK大迫敬介(広島)
photo-news
U-16日本代表から年代別代表のゴールを守ってきた
photo-news
下位に低迷する中、プロ1年目でJデビュー飾ったGK若原智哉(京都)
photo-news
右サイドを駆け上がり、積極的な攻撃参加を見せたDF石原広教(湘南)
photo-news
3バックではストッパーの位置も務めた
photo-news
守備陣を統率するDF橋岡大樹(浦和)
photo-news
トゥーロン国際大会で森保ジャパンに初招集された経験を還元する
photo-news
左サイドのスペシャリストDF荻原拓也(浦和)
photo-news
左足から繰り出すキックでチャンスを演出
photo-news
キャプテンマークを巻いたMF伊藤洋輝(磐田)
photo-news
鋭い縦パスを前線に付け、試合を組み立てた
photo-news
左右サイドハーフとボランチの位置でプレーしたMF郷家友太(神戸)
photo-news
ワンタッチでパスをさばき、攻撃にリズムをつくったMF藤本寛也(東京V)
photo-news
MF山田康太(横浜FM)が接触プレーで負傷
photo-news
2本目の序盤に交代を余儀なくされ、その後は出場しなかった
photo-news
攻守に連動性を見せたMF滝裕太(清水)
photo-news
CKのキッカーも務めた
photo-news
経験豊富な99年組がチームをリードする
photo-news
影山監督は「攻守に課題がある。マレーシアでもっと精度を高めて開幕に入りたい」と話した

TOP