beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

関東大会に55年ぶり出場の立教新座、選手権は埼玉2回戦で姿消す…(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権埼玉県予選は14日に2回戦を行い、西武文理高が関東大会出場校の立教新座高を1-0で破った。
●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
涙の敗退
photo-news
歴史を変えてきたイレブンの選手権はわずか1試合で終幕
photo-news
MF新谷圭太(3年)はトップ下でボールを収めて攻撃の起点に
photo-news
MF小岩宥紀(3年)が相手の背後へパス
photo-news
右サイドの長身SB竹内滉貴(3年)が前進する
photo-news
CB南口周矢(2年)は相手の攻撃をよく跳ね返していた
photo-news
ゴール前での存在感ある大型GK清水翼(2年)
photo-news
CB清水昭希(2年)は対人の強さを発揮
photo-news
MF中川大樹(2年)がプレースキックを担当
photo-news
左SB小堀慶和(2年)が相手のロングボールに対応する
photo-news
前線で必死にボールを収めるFW中野渡礼旺(1年)
photo-news
左サイドからの仕掛けであわやシーンをつくったMF庭田直弥(2年)
photo-news
決定力を備えたアタッカー、MF渡邉佑(2年)
photo-news
FW細田翔太(3年)がDFを背負ってキープ
photo-news
MF中山龍之介(3年)は交代出場直後に負傷交代するアクシデント
photo-news
DF岡田聡史(3年)は交代出場でピッチへ
photo-news
南口は終盤、前線に入ってゴールを目指した
photo-news
負傷後も気持ちの入った動きを見せた新谷
photo-news
渡邉は相手にとって怖い存在に
photo-news
今年は関東大会に55年ぶりとなる出場。下級生たちは敗戦の悔しさをバネに来年、飛躍する

TOP