beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

1年時から経験積んできた遠野の柱、MF太田主将&エースFW立花(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権岩手県予選準決勝が24日に行われ、6連覇を狙う遠野高盛岡市立高が激突。延長戦の末、遠野が3-1で勝ち、決勝進出を決めた。

●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
MF太田竜雅主将(3年)は苦しい時間帯にチームを牽引する動き
photo-news
自らゴールを狙っていた
photo-news
エースFW立花健斗(3年)は鋭いドリブルとシュートが特長
photo-news
柔らかいタッチでボールをキープする
photo-news
太田竜雅はボールに多く絡みながらゲームメーク
photo-news
技術力の高さを示していた
photo-news
立花健斗は延長戦に入ってから仕事。彼のキープから勝ち越し点が生まれ、3点目のアシストも
photo-news
決勝ではゴールを決めてチームを全国へ導く

TOP