beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

都市大塩尻が逆転勝ち!3年ぶりの全国まであと1勝:長野(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 27日、第97回全国高校サッカー選手権長野県予選準決勝が行われ、5年ぶりの優勝を狙う松商学園高と3年ぶりの優勝を目指す都市大塩尻高が激突。都市大塩尻が2-1で逆転勝ちした。
●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
都市大塩尻が3年ぶりの全国出場へ王手
photo-news
中盤で賢いプレーを見せていたMF高橋佑吾(3年)
photo-news
相手のロングスローなどを跳ね返したCB田島海都(3年)
photo-news
CB野澤大稀(3年)も2点目を許さず
photo-news
MF太田大貴(3年)がクロスを放り込む
photo-news
MF丸山楽人(3年)はプレースキックを担当
photo-news
左SB宮川遥貴(3年)が前線へボールを入れる
photo-news
前線でボールを収めるFW野村魁(3年)
photo-news
力強い仕掛けでPAへ侵入
photo-news
高橋は攻撃の起点になりつつ、守備の貢献度も高かった
photo-news
交代出場で流れを変えた左SB古瀬岳(3年)
photo-news
前への勢いを持ってチームを勢いづけた
photo-news
高橋裕之監督は松商学園の守り攻略に「自信になった」
photo-news
赤く染まったスタンドがチームを後押し
photo-news
3年ぶりの全国まであと1勝
photo-news
ポゼッション、そしてもうひとつの武器であるカウンターも駆使して優勝を勝ち取る

TOP