beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「あの試合があったから」“ターニングポイント”を語る川崎F鈴木雄斗(4枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 J1第32節が10日に行われ、川崎フロンターレは敵地でセレッソ大阪に1-2で敗れたが、他会場の結果により優勝を決めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
写真を見る
photo-news
MF鈴木雄斗は今季唯一の連敗後に迎えた第14節・柏戦(2-1)を自身とチームのターニングポイントに挙げた
photo-news
クラブ公式サイトを通じ、柏戦の試合前ミーティングでの鬼木達監督の言葉を明かしている
photo-news
「オニさん(鬼木達監督)がこの試合があったから優勝できたといえる一戦にしようという話があった。そういう意味では、チームとして大事な試合に勝てたこと。そしてあそこから自分が徐々に試合に絡めるようになったので、個人的にもよかった」
photo-news
優勝メンバーの一員となった背番号27は「まだまだ成長できるよう、日々のトレーニングからしっかりやっていきたい」と、さらなる成長を誓った

TOP