beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

1次予選から8試合勝ち抜いた国士舘が15年ぶりの全国へ:東京(25枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権東京都Aブロック予選決勝が17日に行われ、大成高国士舘高が激突。国士舘が1-0で勝ち、15年ぶり4回目の全国大会出場を決めた。

●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
国士舘が15年ぶりの全国へ
photo-news
表彰を受けるMF長谷川翔(3年)主将
photo-news
1次予選から8試合を戦い抜いた
photo-news
チームは一丸となった
photo-news
先発イレブン
photo-news
左足キックが特長の10番FW柳陽哉(3年)
photo-news
ポイントゲッターのMF唐澤大地(3年)
photo-news
ドリブルシュートを打ち込む
photo-news
右SB村崎海斗(3年)が厳しいチェック
photo-news
FW丸山龍基(3年)がドリブルで仕掛ける
photo-news
MF佐藤慶哉(3年)が頭越しのパス
photo-news
CB長島佑仁(3年)がカバーリング
photo-news
スライディングタックルを決める
photo-news
PAでクリアするCB永吉風太(3年)
photo-news
出足鋭く起点を潰す
photo-news
MF莊原聡(3年)はドリブルと左足でチャンスメーク
photo-news
MF福田竜之介(3年)がドリブルで切れ込む
photo-news
FW田中壮太(3年)が高さを発揮する
photo-news
MF井上優太(3年)は後半37分から出場
photo-news
ピッチに視線を送る
photo-news
上野晃慈監督は苦しい時期を乗り越えての全国出場
photo-news
優勝の瞬間、MF長谷川翔主将(3年)はピッチにうずくまって涙
photo-news
歓喜の抱擁
photo-news
15年ぶりに扉を開いた
photo-news
次は全国で大暴れする

TOP