beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

首位・鹿島ユースがアウェーで勝ち点1獲得、優勝へ前進(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 25日、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018EAST第16節の2位・青森山田高(青森)対首位・鹿島アントラーズユース(茨城)戦が行われ、1-1で引き分けた。
●2018高円宮杯プレミアリーグEAST特集
写真を見る
photo-news
鹿島ユースはアウェーでの首位決戦で貴重な勝ち点1を獲得
photo-news
右SB結城将貴(3年)は闘争心を全面に出してプレー
photo-news
前線から相手を追い回したFW赤塚ミカエル(3年)
photo-news
CB佐藤隆曉(3年)が身体を張ったディフェンス
photo-news
堅守・鹿島を支えるCB増崎大虎(3年)
photo-news
MF小沼樹輝(3年)がFKを蹴り込む
photo-news
右サイドで走り続けたMF熊田柊人(3年)
photo-news
MF生井澤呼範(2年)が前線へフィードを入れる
photo-news
結城将貴は相手エース檀崎とマッチアップ
photo-news
増崎大虎が危険なボールをクリア
photo-news
相手の攻撃を跳ね返し続けた佐藤隆曉
photo-news
各選手が集中したディフェンス
photo-news
後半29分に投入されたMF柳町魁耀(1年)
photo-news
DF小針宏太郎(2年)は短い出場時間も集中してプレー
photo-news
DF国府田宗士(1年)が後方からボールを運ぶ
photo-news
前線で気迫のプレーを見せていた赤塚ミカエル
photo-news
熊谷浩二監督は課題と成長の両方を口にしていた
photo-news
ゴール前での執念の守りで逆転を許さず
photo-news
次戦、ホームで優勝を決める
photo-news
主将の前田は支えてくれる人たちのためにも、優勝することを誓っていた

TOP