beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

桐光学園はプリンスリーグ関東最終節でドロー、切り替えて選手権で日本一目指す(14枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 9日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2018関東最終節が各地で行われ、8位・三菱養和SCユース(東京)と9位・桐光学園高(神奈川)との一戦は1-1で引き分けた。
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集
写真を見る
photo-news
桐光学園は9位。切り替えて選手権で日本一を目指す
photo-news
CB望月駿介主将(3年)がインターセプトする
photo-news
CB内田拓寿(3年)は攻守に渡ってゴール前で驚異に
photo-news
桐光学園の司令塔、MF國谷敦史(3年)
photo-news
狭いスペースへのパスを狙う左SB金子開研(3年)
photo-news
右SB岡孝樹(3年)は得点力を備えたDF
photo-news
MF中村洸太(2年)がスライディングタックルでボールを奪う
photo-news
攻撃のキーマン、MF阿部龍聖(3年)
photo-news
スピードを活かした抜け出しからゴールを狙う
photo-news
CB望月駿介主将が絶妙なカバーリング
photo-news
188cmFW鷲塚蓮(3年)が前線で競り合う
photo-news
GK北村公平(1年)は終盤に好守を連発
photo-news
チームに勝ち点1をもたらした
photo-news
鈴木勝大監督は一本の精度などを選手たちに求める

TOP