beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

イスコが”真っ黒スパイク”を着用!詳細に迫る(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 19日、FIFAクラブワールドカップ2018の準決勝がUAEのアブダビで行われ、欧州代表のレアル・マドリー(スペイン)はアジア代表の鹿島アントラーズと対戦し、3-1で勝利した。その試合でMFイスコはオールブラックのスパイクを着用。詳細写真とともに真っ黒スパイクの正体に迫る。

●クラブW杯2018特集
写真を見る
photo-news
鹿島戦では後半23分から途中出場
photo-news
全面真っ黒のブラックアウトスパイクを着用
photo-news
このスパイクはナイキ『ヴェイパー12エリートFG』である
photo-news
これが『ヴェイパー12エリートFG』のオールブラックカラー
photo-news
10月末までは通常カラーの『ヴェイパー12エリートFG』を履いていたが...
photo-news
11月から真っ黒の『ヴェイパー12エリートFG』を着用
photo-news
ナイキ社と契約延長の交渉中か、他社との契約を模索しているのかもしれない

TOP