beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

南米王者に屈した鹿島、2年ぶりクラブW杯は4位(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 FIFAクラブワールドカップ2018の3位決定戦が22日に行われ、アジア代表の鹿島アントラーズは南米代表のリバープレート(アルゼンチン)に0-4で敗れた。

●クラブW杯2018特集
写真を見る
photo-news
2大会ぶり2度目のクラブW杯は4位に終わった鹿島
photo-news
前半23分にGKクォン・スンテが負傷により、GK曽ヶ端準と交代するアクシデントもあった
photo-news
GKの交代直後に先制を許すと、南米王者を相手に合計4失点
photo-news
ほろ苦い結果となった
photo-news
3位決定戦で声援を送った鹿島サポーター
photo-news
勝利を願った
photo-news
キャプテンのMF遠藤康を先頭に入場
photo-news
今大会は3年ぶり2回目の出場となったリバープレート
photo-news
激しい守備を見せたDFチョン・スンヒョン
photo-news
FWセルジーニョは前線で攻撃をけん引
photo-news
得意のドリブルで相手を翻弄するシーンもあったMF安部裕葵
photo-news
アグレッシブにゴール前へ攻め込んだDF安西幸輝
photo-news
MF小笠原満男は後半31分に途中出場
photo-news
リバープレートはG・マルティネスの2ゴールなど計4得点で鹿島を振り切った
photo-news
大岩剛監督はJリーグ公式サイトを通じて「自分たちが今回経験したことを生かさないといけない」とコメント
photo-news
鹿島は再び世界の大舞台を目指す

TOP