beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

徳島市立は流経大柏を相手に先制するも逆転負け(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権2回戦が2日に行われ、流通経済大柏高(千葉)は徳島市立高(徳島)に2-1で勝利した。
(写真協力・高校サッカー年鑑)

●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
1-2で逆転負けを喫した徳島市立高
photo-news
2年ぶり16回目の出場で、過去最高成績はベスト16
photo-news
徳島市立ベンチにはクマのぬいぐるみ
photo-news
目標の8強入りには届かなかった
photo-news
GK中川真(2年)は攻め込まれる展開の中でファインセーブを披露
photo-news
3バックの左で相手の攻撃を跳ね返したDF二宮蒼士(2年)
photo-news
DF田内悠貴(2年)は3バックの右を担当した
photo-news
中盤で攻守にわたって貢献したMF川人太陽(2年)
photo-news
MF佐野太一(3年)は最終ラインの中央で守備陣を統率
photo-news
左サイドを勢いよく駆け上がったMF関英輝(3年)
photo-news
MF赤松祐弥(3年)は中盤で攻撃を組み立てた
photo-news
右ウイングバックとしてハードワークしたMF平佑斗(2年)
photo-news
アンカーのMF阿部夏己(2年)は的確なカバーリングを見せた
photo-news
2トップの一角に入ったFW玉川樹(3年)
photo-news
FW岡田京介(3年)は左足のFKで好機に絡んだ
photo-news
後半23分に投入されたMF披田曉(3年)
photo-news
MF松田京也(3年)は後半28分に途中出場
photo-news
1-2の後半34分にピッチへ送られたDF井上純一(3年)
photo-news
MF平尾怜士(3年)は5枚目のカードとして後半アディショナルタイム1分に出場
photo-news
徳島市立はFW岡健太(3年)のゴールで一時リードしたが、惜しくも逆転負けとなった

TOP