beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

“奇跡の男”小松慧が出場1分で大仕事!「炎のストライカー」が青森山田を救う(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権は12日、準決勝を行い、青森山田高(青森)が3-3のPK戦の末に尚志高(福島)をPK4-3で下した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
FW小松慧(3年)が大仕事
photo-news
ピッチに入ったのは、2-3で迎えた後半41分だった
photo-news
出場から1分後、手DFにプレッシャーをかけ、こぼれたボールを右足で決めた
photo-news
値千金の同点ゴール
photo-news
ベンチの選手たちの飛びついた
photo-news
指揮官は「『炎のストライカー』と自称ですけど、何かやってくれるという奇跡の男」と称えた
photo-news
見事、期待に応えた
photo-news
ハングリー精神の塊、小松慧が決勝でも結果を残す

TOP