beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

5発完封の流経大柏が11年ぶり優勝に王手! 昨年準Vのリベンジ狙う(21枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が12日に行われ、流通経済大柏高(千葉)が瀬戸内高(広島)に5-0で勝利した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
流経大柏が決勝進出
photo-news
攻撃の起点を潰したMF北島直樹(3年)
photo-news
FW左部開斗(3年)は最前線で体を張った
photo-news
ダメ押しの5点目を決めたMF渡会武蔵(2年)
photo-news
昨年準優勝の流経大柏
photo-news
本田裕一郎監督のもと、11年ぶりの頂点を狙う
photo-news
チームを支える主将・左部
photo-news
渡会は後半13分からプレー
photo-news
ルーキーながら強豪の正守護神を務めるGK松原颯汰(1年)
photo-news
圧倒的な存在感をみせた
photo-news
精度高いキックでプレースキッカーも務めたMF八木滉史(2年)
photo-news
中盤ではボール奪取に奔走した
photo-news
最終ラインで相手の攻撃をシャットアウトしたDF須永竜生(3年)
photo-news
途中出場のMF間洋登(3年)は果敢に攻め上がる
photo-news
抜群の守備力をみせたDF横田大樹(3年)
photo-news
DF入江諭(3年)は後半16分からプレー
photo-news
ドリブルで持ち味を発揮した
photo-news
後半35分から出場したMF木村聖(2年)
photo-news
短い時間で自らの役割に徹した
photo-news
隙を見せない試合運びで5得点の快勝
photo-news
雪辱を果たすべく、2年連続の決勝戦へと駒を進める

TOP